CATEGORY

すぐに使える英語表現

  • 2019年11月27日
  • 2021年6月12日

problem, issue, incident, bug, error, defect – それぞれの意味の違いとは? 

システム(ソフトウェア)開発や運用では、どうしても障害などの問題が大小発生するもの。 そんな問題や障害を意味する英語表現には、違いを理解するのがなかなか難しい場合もあります。 今回そんな表現を取り上げ、それぞれの意味を確認していきたいと思います。 & […]

  • 2019年11月25日
  • 2021年6月6日

「工数」を表す色々な英語表現【man-hour, effort, 関連表現も】

今回は、システム(ソフトウェア)開発プロジェクトでよく話題になる工数に関する英語表現です。 まず押さえておきたいのは「man-hour」。他の分野でも広く使われており、「MH」と表記することもあります。 また、より具体的な工数を表すのに「man-da […]

  • 2019年11月24日
  • 2020年12月19日

refactoring – 「リファクタリング」その意義とは?

「refactoring」(リファクタリング)とは ソフトウェアの表面的な動きは変えずに、プログラムの内部構造を整備してソースコードを直すことです。 開発案件が積み重なっていくと、どうしてもソースコードが複雑なものになっていきますし、開発中も仕様変更 […]

  • 2019年11月23日
  • 2019年12月26日

expire – 「期限が切れる」を表す英語表現

「expire」 は「期限が切れる」、つまり「効力がなくなる」「満了する」ということでもあります。 なお、名詞は「expiration」で「期限切れ」「満了」「満期」という意味です。 ビジネスの世界では色々な「期限切れ」があり、IT分野でもさまざまな […]

  • 2019年11月22日
  • 2020年10月22日

workaround – 一時的な回避策を意味する英語表現

「work-around」とも書き、障害など問題が起きた時に、抜本的・恒久的な解決策ではないものの、一時的に適用する対応策のことを指します。 「次善策」「一時的な措置」「回避策」という意味です。 また、「work around」と書いて、「何とか切り […]

  • 2019年11月18日
  • 2020年10月22日

behavior – 挙動、動作、行動を表す英語表現

「behavior」は挙動、動作、振る舞い、行動と訳され、動きを目に見える形で捉えられるものを指します。 特に、以下に挙げる2種類の使い方を押さえておくとよいでしょう。 ソフトウェアなどで機能や画面の動作、挙動を表す「behavior」 まず、ソフト […]

  • 2019年11月16日
  • 2021年6月9日

本番環境、テスト環境、開発環境…英語でどう表現する?

システム(ソフトウェア)開発では、さまざまな目的で環境を使い分ける必要があります。 本番環境は当然として、それ以外にどのような環境が必要になるでしょうか。 テスト環境、開発環境など、今回はITでよく話題になる、環境についての英語表現をくわしく説明しま […]

  • 2019年11月14日
  • 2020年10月22日

estimate – 「見積もる」という意味の英語表現

ビジネスでは色々な場面で、見積もりが必要となります。最もイメージが湧きやすいのは金額についてのものでしょう。 日本語の「見積もる」と同様、英語の「estimate」も金額についてのものを指すことが多いですね。 一方、金額以外にもプロジェクトマネージャ […]

  • 2019年11月12日
  • 2020年10月22日

feasibility – 「実現可能性」を表すための英語表現

「feasibility study」と言えば「実現可能性調査」という意味です。 広い意味では、様々な事業の実可能性調査を指しますが、システム開発プロジェクトではソリューションが適用できるかの調査を表すことが多いと思います。 例えば、ある課題に対する […]