postpone, put off, push back – 「延期する」という意味の英語表現

「延期する」という意味の英語表現【postpone, put off, push back】

システム(ソフトウェア)開発の公開日延期といった重大なものから、テスト期間や会議の延期といった日常的なものまで、様々な場面で延期が話題になることがあります。

今回は、この延期に関する英語表現を取り上げ、ニュアンスの違いも解説します。

postpone

受験英語でもよく出るので、ご存じの人も多いと思います。

堅めの表現なので、ビジネスの場面で使うのに適しています。まずは覚えておくと安心です。

Our project manager postponed the end of UAT to next week.
プロジェクトマネージャーはUATの終了を翌週に延期しました。
The launch of the function was postponed to December 1st.
 その機能の公開は12月1日に延期されました。

 

put off

これも「延期する」という意味で、受験英語で熟語として覚えた人も多いでしょう。

「postpone」よりも日常的に使われることが多いようです。なお、「後回しにする」というネガティブなニュアンスを感じさせることもあります。

そのため、以下のようなことわざでも使われている訳ですね。

Don’t put off till tomorrow what you can do today.
今日できることを明日に延ばすな

 

以下のような表現もできるので、覚えておくとよいですね。

We put off the final decision until next month. 
私たちは最終的な決定を明日まで延期した。

 


push back

これも「延期する」という意味で、日常会話で使っても違和感のない表現です。

私の場合、初めてこの表現を知ったのが、職場で新しいシステムのリリース日を延期するべきか話している時でした。
アメリカ人の同僚が
この表現を使うのを初めて聞き、「ん?押し返す?どういうこと?」と思いました。

というのも、それ以前、アメリカ人の上司から「ユーザーから無理な要求が来たときにはpush backせよ!」と言われたのが記憶に残っていて、もともと「押し戻す」という意味だと思っていたからです。

調べたところ、「押し返す」という意味に加えて「延期する」という意味があることを知りました。

確かにどちらも「後ろに押しやる」という点で共通していると考えると分かりやすいですね。

Let’s push back the kick-off meeting to next week.
キックオフミーティングを来週に延期しましょう。
The release was pushed back from November to December.
リリースは11月から12月に延期された。

 

 

「スケジュールを変更する」という意味の「reschedule」も覚えておこう

その他、「スケジュールを変更する」という意味で使える「reschedule」も覚えておくと便利です。

日本人同士の会話でも「15時からの会議、リスケさせてください」のように日常的に使うことが増えてきましたね。

I have to reschedule the meeting due to an unexpected problem.
私は予期していないかった問題のために会議のスケジュールを変更しなければなりません。

 

その他、現在抱えている件を延長するという時には「extend」も使えます。例えば「締切を延ばす」という時には「extend the deadline」と表現できるわけです。

このように、「延期する」にはいくつかの表現があります。

まずは「postpone」などの基本表現を押さえて、会話やメール文中で何度も同じ表現を使うのは避けたいと思った時には、別の表現を使ってみるというのがよいかもしれません。

 

*1回最短3分から、スキマ時間でビジネス英語学習。スタディサプリ ビジネス英会話はこちら

 

人気記事 本番環境、テスト環境、開発環境…英語でどう表現する?

人気記事 release, launch, go live – 本番公開に関する英語表現

postpone, put off, push back – 「延期する」という意味の英語表現
最新情報をチェックしよう!