optimize – 「最適化する」という意味の英語表現

ITやウェブに関連する業務では、頻繁に出てくる表現です。それだけ「最適化」を図るべきものがたくさんあるということですね。

「改善する」という意味では「improve」が使えますが、かなり意味が広いので、制約がある中で最大限よい状態を目指すという時はこの「optimize」が適切だと思います。

ちなみに名詞は「optimization」で「最適化」という意味になります。

以下、最適化の対応が必要となる代表的な場面をみていきましょう。

IT開発や運用で「optimize」や「optimization」をよく使う場面は?

ソフトウェアやシステムなどの効果や効率を最大化するように調整を施すことを指して「optimize」ということがあります。また、そのためのソフトウェアや機能のことを「optimizer」と呼びます。

Google アナリティクスと連携して活用できるA/Bテストツール「Google Optimize」は有名ですね。

その他、以下のような「optimization」もよく話題になります。
どれもオンラインマーケティングに関係することが多く、しっかり押さえておきましょう。

 

EFO(Entry Form Optimization)

ユーザーが離脱しないようにしてコンバージョンにつなげるための「入力フォーム最適化」のことです。

具体的には、どこに何を入力すればよいか直感的に分かるようにする、入力を補助する(郵便番号を入力すると住所が自動入力される)、エラーを分かりやすく表示する等の対応が挙げられます。

EFO専用ツールもたくさんありますし、EFO機能の開発にかかわっているIT関係者も多いでしょう。

 

SEO(Search Engine Optimization)

対象サイトやページが検索結果の上位に表示されるようにする「検索エンジン最適化」のことで、ウェブサイト開発や運営担当者には対応必須と言えるでしょう。

具体的な施策としては、メタタグを適切に設定する、適切なキーワードを盛り込む、ページの読み込み速度を上げる等ありますが、王道は何と言っても読み手に役立つ情報をコンテンツを充実させることです。

 

LPO(Landing Page Optimization)

「ランディングページ最適化」のことで、ユーザーが最初に訪問するページでより関心を高めて、コンバージョンへつなげるように改良することです。

 

最適化の対応の際、気を付けておくべきことは?

「最適化」と一口に言っても、何が最適なのかは目的によって変わります。人によっても認識が異なることが多いでしょう。

いずれにしても、目的、目標を定めることが最適化の最初の一歩となりますので、顧客や上席者、関係者と認識がズレそうな場合はあらかじめきちんと合意しておきましょう。

最新情報をチェックしよう!