double check 念のため確認と伝えたい場合に

double check - 念のため確認すると伝えたい場合に

「チェック」という表現は表現は日本人でもよく使いますね。英語でもほとんど同じ感覚で「check」を使えますが、さらに「念のために」という意味を込めてこの「double check」も覚えておくと、表現の幅が広がります。

二重チェックのようなイメージがパッと頭に浮かんで、使いやすいのでおすすめの表現です。

なお、 double-checkと書くこともできます。

 

double check - 念のため確認すると伝えたい場合に

以下のような感じで、頻繁に同僚との会話やメールで使われている印象です。

Can you double check it?
念のため確認してもらえる?
Let me double check.
念のため確認させて。

I just want to double check.
念のため、ちょっと確認したいのだけど。

 

このような表現であれば、すぐに口をついて出せるような気がしませんか?

相手に判断を迫られているけど、自分としては少し時間をかけて考えたい…そんな時にも使える表現です。

なお、誰かに確認する時には 「double check with 〇〇」と、withをつければOKです。これはただの「check」の時と同じですね。

「 check and double check」だと、まさに「念には念を入れてチェックする 」という意味で、「何が何でもミスを防ぎたい!」との強い気持ちが出ている印象になりますね。

 

「念のための確認」で問題を未然に防ぐ

仕事では、「まさか!」と想定外のことが失敗を避けることが非常に大切です。念には念を入れたちょっとした確認により、問題を未然に防ぐことができたとの経験を持つ人も多いでしょう。

ぜひ、この「double check」を使って、問題発生の未然防止に役立ててください。

double check 念のため確認と伝えたい場合に
最新情報をチェックしよう!